書論(別2) いつから“書道”になったのか


“書道”という言葉は明治36年に発生した新語

明治36年 斯華会 書道講習録

そもそも“書道”という言葉も明治36年(1903年)に生まれたと思われる単語です。

明治36年 斯華会という書道団体の「書道講習録」が最初と言われています。

画像は17版(大正10年 当時3円50銭)、私が所蔵している現物です。

明治36年 斯華会 書道講習録

一応、最初のページに「(明治)36年6月その第1号(號)を発刊」と書いてあります。

“道”となり情報技術から芸事へ

江戸時代に、書に”道”が付かなかったのは、当時は、実用の情報技術だったからです。

それは、今、キーボードのブラインドタッチを“キーボード道”と言わないようなものです。

(最近は、“ラーメン道”、“戦車道”というものが”道化”されていますが・・・。)

実用性のあるものには“道”という言葉は馴染まないし、当然、定着しません。

また、日本最高峰の日展の第5科が“書道”ではなく“書”となっているのも、書道という

新しい表現を嫌ったからかもしれません(勝手な想像)。

ちなみに、最近「書道家」という表現が増えましたが、正しくは「書家」。

“書家”で通じるので、背景を知っている人は、公式の場で“書道家”と名乗ることはありません。

ただ、“書道家”と書くメディアが増えており、SEO対策で“書道家”という単語は入れています。

※大宝律令の“書道”の記載について、大宝律令が未発見であり、その後、“書道”の記述が

見られないことから、現在の書道とは別と判断しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 後援名義は最初から準備をしないと詰む 美術展やイベントのポスターの下部に「○○後援」という記載…
  2. 初めての「うどよし特集」 和様の書展を公募展にしてから、広報活動はちゃんとしてきたので、定期的に取…
  3. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…
  4. 書だ!石川九楊展 石川九楊氏の書展が2017年7月30日まで上野精養軒で行われています。 石…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る