「溢(あふれる)」フォントの違いで字が違う


  溢れる

「溢れる」に違和感

文章を書いていて「溢れる」と書いた時に「あれ?こんな字だっけ?」って思って比較したら

フォントで全然違いました。

「篆刻篆書辞典」でも調べてみた

image18

 

「氵(さんずい)」も作りの上の部分も”水”なので、皿から水が溢れてる感じらしいです。

同じパーツだったんですね。

「益」だったらどうなの?

image19

一緒だった。

どうしてフォントでは違うのか謎です。

 

「JIS2004例示字体」が関係していた

JIS2004制定時の変更点を見ると

image20

新規格として採用されたようですね。

JIS2004制定時の変更点

2000年に定められたJIS X 0213は2004年に改定され、JIS X 0213:2004になりました。JISの例示字形と表外漢字字体表の印刷標準字体とが異なっている178字のうち、168字を印刷標準字体に変更し、10字を新たに追加しています。

だって。

フォントをみて漢字を勉強したら、なんだか違う事になるんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 後援名義は最初から準備をしないと詰む 美術展やイベントのポスターの下部に「○○後援」という記載…
  2. 初めての「うどよし特集」 和様の書展を公募展にしてから、広報活動はちゃんとしてきたので、定期的に取…
  3. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…
  4. 書だ!石川九楊展 石川九楊氏の書展が2017年7月30日まで上野精養軒で行われています。 石…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る