御茶ノ水アート縁日に参加してみた!


image10

御茶ノ水アート縁日に初参加

2015年の今年は、アート系の企画に参加をさせてもらおうと試みておりました。

そのため、秋になりようやく、そういう活動のネタが発表できるようになりました。

といっても、アートの世界でも新人(書道でも新人!)だし、なんにもわかっていませんので

少しずつ参加できるものに参加していこうと思っています。

その企画の一つが、今回参加してきたアート縁日というものです。企画詳細はこちら

あいにくの曇り…お客もまばら

image11

11時スタートなのですが、スタート時点では、一般客はゼロでした(笑)

このアート縁日は、今回は初試みなので、そういうことはこちらも想定内です。

会場の場所は、小川町と御茶ノ水の間で、普段人が来ないエリアだと思います。

逆に、参加の基準がゆるいので私のようなアートフェス新人としてはありがたいですね。

参加者が年々徐々に盛り上げていくRPGみたいな気分で楽しみましょう!

最初のお客様 子供のTシャツ「ゆ」

image13

こういう企画は、アート系ジャンルではない私にとって、出会う人みんな新鮮です。

隣のブースの人といろいろな話をしたりしました。

逆に、書の視点の話もできるので、お互いに「へー」「ほー」ってなっていました。

ご近所付き合いにいそしんでいると(営業しろよ!)、最初のお客様がやってきました。

子供のTシャツに書いてほしいとのことで、少しだけ在庫を持っていましたので

子供の名前の頭文字「ゆ」をペイントしました。

完成品はこちら!

image15

染料インクを使っているので洗濯OKです。

外国人の方が来ました。

結構、外国人のお客様がフラッと立ち寄られてると聞いていましたが、

私のブースを見て、いろいろ質問してもらったのですが、ヒアリングが全くできないので

アタフタしていたら、隣のブースの女性は英語ができたいみたいで通訳をしてもらいました。

そんなこんなで、双子の親戚にプレゼントしたいということで、2着お買い上げ!

これも名前の発音でひらがなに近い音を選んで描きました。

image16

1文字描くのに15分程度必要なので、2つだと30分ほど必要です。

結構、待たせてしまったのですが、喜んでもらえたようです。

image17

まるで伝統工芸品を買うような感じで、テンションが高かったです(笑)

夜になると暗い中で描きました

10月なので17時を過ぎると暗いです。

そんな中、ペイントを依頼されると…

image19

こんな風にLEDのランタンでペイントしました。

着用している衣服にペイントするのは、お互い恥ずかしいですね。

でも、刺青の彫師のような感覚(しらんけど(笑))にもなります。

image20

デニムだと、こんな風になります。

Tシャツよりは少し完成は早い10分程度です。

10分ほど乾かせば、触っても大丈夫です。

デニムなので、割れや剥がれも味になるので、育てがいがありますね。

空き時間には11月6日からの作品作り

image21

サイトにも掲載していますが、11/6-8 九段下で第5回 和様の書展を行います。

その作品を空き時間に作成しておりました。

だから、結構、夜は暇がなくなってしまいました(笑)

多字数のペイントは結構時間がかかるんですが、ギリギリに完成したのがこちら。

image22

通訳でサポートしていただいた隣のブースのキャラクター「でぶねこ」さんと

和様ペイントの腰巻きをまえかけのようにしてみました。

(隣のペットボトルとサイズ比較してもらえばわかりますが、かなりでかいんですよ。)

和様のペイントとかなり相性が良くてビックリ(自画自賛!)。

いろんな出会いがありましたが、これが芸術的には一番の今回の成果でした。

でぶねこさん、隣にいてくれてありがとう!

社会福祉協議会の流しそうめんにも参加(笑)

 

 

 

 

 

 

image18 会場にお客が少ない時には

他のブースで感想を聞いたりしました。

一つ一つの意見が貴重な意見ですから!

でも、お腹は空きますし、周りには

面白いイベントもあったので、

イベントを楽しみました。

近くの社会福祉業議会の計らいで

流しそうめんに参加しました。

下流の人にも回るように気を使いながら

食べる流しそうめんもいいものです。

ただ、流すのにも苦労していて

全長5mほどですが3箇所で流したので

子供以外は普通に食べたら良いのにとも

思わんでもないです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 第7回 和様の書展の作品と審査員を募集 ■作品募集 応募基準、応募要項はこちら http…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…
  2. 書だ!石川九楊展 石川九楊氏の書展が2017年7月30日まで上野精養軒で行われています。 石…
  3. 第7回 和様の書展の作品と審査員を募集 ■作品募集 応募基準、応募要項はこちら http…
  4. 先生「我流になる」と和様を諦めた人は多い 最近、参加された生徒さんから 「20年ほど、和…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る