書を枡にレーザー刻字した【書の解説付き】


image

意外とやったことがなかった枡

友人の結婚式の引き出物で相談をされて作ることになりました。

とりあえず元になった書も飾りたいということで、色紙に書いたものがこれ。

image1

新婦友人からのリクエストで「感謝」です。

「疎と密」細目にして見る

この書の構図を解説するとこんな感じです。

image3

「感謝」は、どちらの漢字も楷書は真四角なので和様らしく変化をつけてみました。

私が最も信じる「書の基本」は「疎と密」という考え方です。

(一般の人の言葉で言うと「メリハリ」の方がわかりやすいですかね)

よくわからないという人は、細目にして見るといいです。

密の部分は黒くなり、疎の部分は白(グレー)に見えるはずです。

「疎と密」を心底わかっていたら、たいていの芸事は解説できます。

あらゆる芸事の基本だと思いますし、逆に、永遠に追いかけるテーマです。

余計なものを取り除いてデータ化

ちょっと風合いのある色紙に書いたので、データ化は結構たいへんです。

作品をスキャンし、そのデータを「背景の透過」するのですが

image4

このように繊維が写るので、すべてのアウトラインを取り直す必要があります。

筆の動きを知らないとゴミと必要な線の区別ができないので自分でやります。

(書より、こっちのほうが時間がかかる(笑))

今回は、かなり細かい点も必要だったので3時間位ですね。

データ化完成

image5

このデータを業者に納品します。

枡にレーザー刻字するためなら

ざっくりでも良かったのですが

丁寧にやってしまいました…。

 

 

 

 

 

レーザー刻字された枡の完成

データを納品して4日ほどで完成しました。

レーザ~刻字の枡

なかなかいい仕上がりです。

image6

落款の細かいところも再現されてて

十分なクオリティだと思います。

繊維の部分が残っているのはいいです。

みなさんも自分の字をレーザー刻字してみてはいかがでしょうか?

良いできになるとテンションが上りますよ。

仮展示してみた

書と合わせて見るとこんな感じです。

024 013

結婚式の当日はこの右側には右側の書の載った一升瓶ができるはずです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 第7回 和様の書展の作品と審査員を募集 ■作品募集 応募基準、応募要項はこちら ht…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 書だ!石川九楊展 石川九楊氏の書展が2017年7月30日まで上野精養軒で行われています。 石…
  2. 第7回 和様の書展の作品と審査員を募集 ■作品募集 応募基準、応募要項はこちら ht…
  3. 先生「我流になる」と和様を諦めた人は多い 最近、参加された生徒さんから 「20年ほど、和…
  4. 雑誌「季刊レポ」の取材から書籍化 以前、「季刊レポ」という雑誌の取材をライター新保信長さんから…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る