謝礼金 実態調査の協力をお願いします


書道 謝礼金

公募書展で「謝礼金」を聞いたことがありますか?

書道をある程度やっていて「謝礼金(お礼金)」の話題を聞いたことがない人は少ないと思います。
逆に言えば、聞いたことがないということは、そういう世界に入ってないかもしれません。
書道で高いレベルを目指す過程において「謝礼金」は避けては通れない日本文化として根付いていいます。

たぶん初「謝礼金」実態調査を実施

一定期間(半年ほど?)で「謝礼金の実態調査」をしてみたいと思います。
個人情報などの取得はされませんので、気軽にご回答いただけたらと思います。
一部は「新しく回答を追加する」から回答欄を追加できます。

現在も受賞に関する謝礼金は継続中?

大手公募展で謝礼金制度がない(と思う)のはどこ?(複数回答)

過去、自分や周囲で謝礼金の最大額は?

謝礼金は誰に支払った?(複数回答)

謝礼金制度は将来どうしたらいいですか?
  • 新しく回答を追加する

文化庁は謝礼金も不正審査も「把握してない」ことになってる

2013年、日展は不正審査がスクープされ、文化庁から後援がはずされましたが、1年で復活しています。
文化庁は、「謝礼金、不正審査は把握してない」という立場です。
有名な事例は、公営ギャンブル以外のギャンブルを禁止の日本で、ギャンブル依存症のトップであるパチンコ、パチスロが存在しているのは、警察庁は「パチンコの景品を、店外で換金する自由は制限できない」という立場なので逮捕しません。(なぜか、パチンコ店と同様に、店外で換金する遊技場を作ると逮捕されるんですけどね。)
文科省、文化庁、東京都の後援名義の取得が詰んだ話 に詳細を書いていますので、ご興味があればご参照ください。

「謝礼金」には批判的な方もいるが、この日本文化をなくせない

この記事は過去にも紹介している芸術新聞社「墨」2008年5・6月号192号「総力取材 書道展がまるわかり」です。
過去には、

「書は金がかかりすぎる」は作品が売れないから

来年の受賞作が書く前から決まっている業界の仕組み

で紹介しています。
堀 久夫氏は「謝礼金が罷(まか)り通る」と書いています。

「謝礼金が横行する」状態で若者が付いてこない

謝礼金 芸術新聞社「墨」2008年5・6月号192号「総力取材 書道展がまるわかり」

私は、堀さんが書いている内容は、当たり前のことです。
ただ、オリンピックエンブレム選考問題、獣医学部新設問題などで皆さんも想像が可能だと思いますが、日本の教育や文化行政は、実施する内容ではなく政治力と資金力で決まるため、まず、それを用意することがテーブルに乗る条件です。
そのため、「書道業界全体を良くしよう!」ではなく、まず、「和様に特化して”書道”での成功事例を作る。そして展開する。」方向で進めていきたいと思っています。
このアンケートも、そういった活動に活かせればいいなと思っています。
ご協力をよろしくおねがいします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ほとんど研究されてない近代書道史の実態 「うどよし」のサイトは、久しぶりの更新です。 日々の業務…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 西原 理恵子「できるかなロワイヤル」 西原さん著作の和様Tシャツ うどよし
    西原 理恵子さん「できるかなロワイヤル」発売 和様体験の話も収録 2年前に西原さんが和様にチャ…
  2. 誰もが読める書が読めない事案
    「”誰もが”読める」と踏み込んだ表現をしてるけど… 第35回 読売書法展のサイトを見ていて新聞…
  3. 古い「プロレス」化した日本の「芸術」 最近、プロレスが人気というのを知っている方も多いと思いま…
  4. 書道の謝礼金に関するアンケート
    全日本剣道連盟「居合道」含む「道」錬金術は限界 私は、以前からこのサイトで審査に関する金銭問題には…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る