生徒がくれた落款のペヨーテステッチのデリカビーズアクセサリー


019

ビーズが最近、再注目されてるらしい

ビーズで作った私の落款の「う」です(「ラ」ではない)。

最近、ネットでちょくちょくビーズの話題が載っています。

私がよく見かけるのは「アイロンビーズ」というもので、

丸いビーズを布にアイロンで貼り付けて絵を描くものらしいです。

おそらくファミコン世代のゲームがドット絵だったので

それを再現するキャンパスとしてビーズが選択されているのではないかな?と思っています。

今回生徒に頂いたのは全く関係ないですが、コッチのほうがドット絵に近いですね。

ただ、よく見るとわかりますが、交互になっているのです。

デリカビーズというらしい

ビーズメーカー・MIYUKIのブランド名だそうです。

少し工夫が必要ですがマリオとか、今流行りの妖怪ウォッチとかも作れますね。

ちょっと楽しそうですねー。

様々な趣味をしている生徒さんがいますが、結構、書に活かせるんじゃないかなと思います。

ペヨーテステッチという技法らしい

ペヨーテステッチとは、糸と針でビーズを編みこんでいく技法の一種らしいです。

kutushita_

このように交互にビーズを編んでいくようです。

そのため、まっすぐのラインが「←→」方向しかできない点が面白い点でもあり

苦労する点のようです。

「う」を作るのに2時間ほどかかるようです

大変です。私のペイントTシャツよりかかっています(笑)

とりあえずバッグの持ち手につけておきますが、留め具が針金なので外れたらなくしちゃいますから

少ししたら教室の備品のチャームにしたいと思っています。

ありがとうございました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ほとんど研究されてない近代書道史の実態 「うどよし」のサイトは、久しぶりの更新です。 日々の業務…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 西原 理恵子「できるかなロワイヤル」 西原さん著作の和様Tシャツ うどよし
    西原 理恵子さん「できるかなロワイヤル」発売 和様体験の話も収録 2年前に西原さんが和様にチャ…
  2. 誰もが読める書が読めない事案
    「”誰もが”読める」と踏み込んだ表現をしてるけど… 第35回 読売書法展のサイトを見ていて新聞…
  3. 古い「プロレス」化した日本の「芸術」 最近、プロレスが人気というのを知っている方も多いと思いま…
  4. 書道の謝礼金に関するアンケート
    全日本剣道連盟「居合道」含む「道」錬金術は限界 私は、以前からこのサイトで審査に関する金銭問題には…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る