生徒がくれた落款のペヨーテステッチのデリカビーズアクセサリー


019

ビーズが最近、再注目されてるらしい

ビーズで作った私の落款の「う」です(「ラ」ではない)。

最近、ネットでちょくちょくビーズの話題が載っています。

私がよく見かけるのは「アイロンビーズ」というもので、

丸いビーズを布にアイロンで貼り付けて絵を描くものらしいです。

おそらくファミコン世代のゲームがドット絵だったので

それを再現するキャンパスとしてビーズが選択されているのではないかな?と思っています。

今回生徒に頂いたのは全く関係ないですが、コッチのほうがドット絵に近いですね。

ただ、よく見るとわかりますが、交互になっているのです。

デリカビーズというらしい

ビーズメーカー・MIYUKIのブランド名だそうです。

少し工夫が必要ですがマリオとか、今流行りの妖怪ウォッチとかも作れますね。

ちょっと楽しそうですねー。

様々な趣味をしている生徒さんがいますが、結構、書に活かせるんじゃないかなと思います。

ペヨーテステッチという技法らしい

ペヨーテステッチとは、糸と針でビーズを編みこんでいく技法の一種らしいです。

kutushita_

このように交互にビーズを編んでいくようです。

そのため、まっすぐのラインが「←→」方向しかできない点が面白い点でもあり

苦労する点のようです。

「う」を作るのに2時間ほどかかるようです

大変です。私のペイントTシャツよりかかっています(笑)

とりあえずバッグの持ち手につけておきますが、留め具が針金なので外れたらなくしちゃいますから

少ししたら教室の備品のチャームにしたいと思っています。

ありがとうございました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 書道で気をつけるべき著作権 著作権と商標権をごっちゃにしている人もいると思います。 著作…
  2. 鼠よけの猫の上に書いている文字は? 2/15-3/5まで、湯島ねこまつり開催中 イベ…
  3. 権威のある師の伝聞だけで歴史を調べない落とし穴 2017年1月に東京芸術劇場で「和様の書展」が…
  4. 改組 新日展の応募者数の推移 改組 新日展 4回目です。 入選率が4年連続上昇。 …

PR

PR

ページ上部へ戻る