つり情報 藤井克彦氏 連載「釣りの言霊」題字の提供


よく考えたら初の連載題字

今回、釣り情報さんからご依頼をいただき、連載タイトルの題字を提供させていただきました。

多くはないですが題字のパターンは色々やったと思っていたのですが

連載の題字は2014年11月1日号 つり情報の藤井克彦氏「釣りの言霊」が初です。

udo1004

釣りにまつわる言葉のルーツと魅力を紐解く

けっこうプレッシャーのかかるサブタイトルです。

タイトルをお願いされた時に初稿のゲラをお見せいただいたのですが

魚関係の漢字にかなり詳しく、そして、物語まで語れる方なのだと思いました。

第1回目は、釣りの「あたり」の話です。

藤井氏によると釣りの「あたり」は「中り」と書くのが正解らしい。

釣り関連の用語を、漢字の話から解説してくれる面白い連載です。

私の題字はちょっと気にしつつ、藤井氏の釣り漢字エッセイをご堪能ください。

image3

image2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 後援名義は最初から準備をしないと詰む 美術展やイベントのポスターの下部に「○○後援」という記載…
  2. 初めての「うどよし特集」 和様の書展を公募展にしてから、広報活動はちゃんとしてきたので、定期的に取…
  3. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…
  4. 書だ!石川九楊展 石川九楊氏の書展が2017年7月30日まで上野精養軒で行われています。 石…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る