ペイント


和様では生活雑貨、衣類などにデザインとして取り入れる試みを行っています。
「床の間に掛け軸を飾る」という書の所有の方法は、現在の家屋事情では困難です。
そこで、違和感なく浸透しているアルファベットのデザインと同様に、
和様である日本語も生活デザインの一つとして取り入れる提案をしています。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 後援名義は最初から準備をしないと詰む 美術展やイベントのポスターの下部に「○○後援」という記載…
  2. 初めての「うどよし特集」 和様の書展を公募展にしてから、広報活動はちゃんとしてきたので、定期的に取…
  3. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…
  4. 書だ!石川九楊展 石川九楊氏の書展が2017年7月30日まで上野精養軒で行われています。 石…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る