うどよしの書道放送10月31日 「学校では教えてくれない“いろは”」Vol.2

<放送日時>
2011年10月31日 20時~ 1時間30分弱
<放送内容>
・投稿書道「筆がっこ」(課題手本はこちら)(蓬莱切)
・書道の話:学校では教えてくれない“いろは”!?

早くも3か月連続の放送で仮名です。
「夏は暑いから、涼しい仮名なんて・・・」と思ったのが
もうはや10月です。
過去2回が高野切 寸松庵ときたので、
今回は、藤原行成(小野道風・藤原佐理と共に、三蹟の一人)筆と言われる
蓬莱切(ほうらいぎれ)が課題ですね。
前者2つに比べると知名度は落ちる(と思う)のですが、
前回の寸松庵と比べると構図はシンプルで、どちらかと言えば、
高野切に近い印象(仮名素人の私の感想)。

内容は、前回の続きになりますが、高校の書道講師なので、
学園祭など忙しい毎日の土井先生。
ちょっとフシギな嗜好でして(櫻井さんと合うみたい(笑))
初回の文鎮は、トカゲ(イグアナだったけ?)のカラフルなもの。
前回は、本物の刀の“鍔(つば)”を文鎮替わりに持ってきてくれました。
今回は何を持ってきてくれるのか、ひそかな楽しみになりつつあります。

■投稿は投稿書道フォーム(送 信できない人はudoyoshiアットマークgmail.com)
投稿の締め切りは放送前日。
■視聴方法、投稿書道の詳細はこちら

《出演者》

土井 煌舟(どい こうしゅう)

相峻会 所属、高校書道の非常勤講師・書道部コーチ。
個人で隔週水曜日 書道教室も実施中。
専門は“かな”(U23 毎日賞・奨励賞 受賞)
幼少期よりミュージカルもやっており、大学時代には、書道とオーディションの日々だったとか・・・

櫻井彩子(さくらい あやこ)
美術(油絵)、音楽(バイオリン)に精通し、英語も堪能なフリーアナウンサー。
ラジオNIKKEIで複数のレギュラー、TVリポータ等で活躍中。

 

 

うどよし
放送の主催者&企画者。
とめはねしない書道「大衆書道」の 提唱者。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA