初ロシア!親子で書道体験

R0021913

 

本当に昨年くらいから外国の方がよくお越しになります。

今回は、初ロシア!

旅行者の方で、筑波大学の院生の通訳の方がいたので、コミュニケーションは問題なかったです。

スタート前に、質問攻めに合いまして

まとめると

「漢字とひらがな?カタカナ?なにそれ?」 →通訳の人が大変そうだった(笑)

「書き文字が芸術になるという意味がわからん。」 →普通はそう思うよね(笑) 毛筆だから可能なことなんですね。

「書の見方を教えてくれ。」 →白と黒の余白の対比・・・通訳大変だ(笑)通訳の人にも伝わったかどうか・・・。

 

R0021906 R0021910 R0021912

 

やりはじめたら、日本人と同じように真剣にやるんですねー。

R0021914 R0021915 R0021922

 

日本人と違う点は、学校教育で書をやってないので癖がなく

形をそのまま書いてくれます(笑)。

R0021925 R0021926

完成したのが左の写真で、右は、「おとこ」をロシア語で書いてくれました(右下はサインらしい)。

ロシアの方に体験教室をしてみて、すごいことが判明しました。

ロシアでは文字を書くときに紙を斜めにして書くように習うそうです。

R0021920

TOPの画像もそうですが、この画像が最もわかりやすいですね。

途中から、ずーっと紙を斜めにして書いていました(笑)

通訳の人に聞いても、若い人はまっすぐに書けるけど、年配の人には斜めのままの人も多いらしいです。

理由は、ロシア語の筆記体が斜めのほうが書きやすいからだそうです。

(英語同様、今の若い人が筆記体を使わなくなったのではないですかね?)

うどよし書道教室は、海外の方に、特に何かすごいことが出来るわけではないですが、

大都会 湯島駅徒歩3分、6路線可能な好立地!

海外の方の書道体験はウェルカムでございます!

帰りに「日本では何を食べたらいいんだ?」と質問を受けましたが

手料理を振る舞ってあげたいくらいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA