【夏休みにオススメ】「布描きえのぐ」を使ってペイント!

ペイントはインク選びさえ間違えなければ、割と簡単です。

夏休みの宿題などにもオススメです!

知人が4月23日に誕生日を迎えたので漢数字をペイントしてみたいと思います。

■手本を作る

まず、筆で書きます。

DSCF4354

毛筆の動きを想像して書いても不自然。

私は、自分で一回書くほうがしっくりします。

(世の中に氾濫するPCで作った書の違和感は、こういうことなんでしょう。)

■素材選び

ユニクロ 御徒町店がオープンしたので仕入れに行きました!

DSCF4343

今回の素材はこちら(閲覧注意 でも新品ですよ(笑))

DSCF4361

ユニクロ ローライズのボクサーパンツ。

本当は綿100%がいいのですが、妥協しました!

■絵の具の紹介

いつもはアクリル系の絵の具を使うのですが

今回は、新しい絵の具「布描きえのぐ(日本の伝統色12色)」(ぺんてる)で

ペイントをしてみました。

DSCF4374

他にも「布描き絵の具 スタンダード15色」もありますよ。

アイロン無しで布に定着するので便利です。

DSCF4375

使い方は、普通の水彩絵の具と何ら変わりませんよ!

DSCF4371

おっと、ペイントが反対側に移らないように新聞などを挟んでね!

■ペイント

DSCF4376

早速ペイントしていきます。

DSCF4377

水で薄めると書きやすいのですが、薄めすぎると広がってしまいます。

ここがアクリル系の絵の具と違って、注意して欲しい点です。

広がったら一旦乾くまで待ちましょう。

乾く前に濃度の高い絵の具を乗せても広がるばかりということもあります。

DSCF4379

1文字完成しました(笑)

DSCF4383

2文字目が完成しました。

手本を見ながら毛筆の動きが出るように書いていきます。

DSCF4389

落款も入れて乾燥すれば完成!

この程度を書くだけなら初めての人でも2時間もあれば完成すると思いますよ。

是非、皆さんもやってみてくださいね!

【告知】

8月初旬にペイントのワークショップします。

もし良かったら参加してくださいませ。

和様 書家 うどよし 公式ページ 東京の書道教室 和様 うどよし書道教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA