9月13日 千代田区生涯学習館「1日公開講座」終了!

意外と知られてないのですが
私は根津・上野教室以外に、千代田区の方で月に1回、書道講師をしております。

公的機関なので採用されるためには、千代田区に人材登録した後、審査に通ってサークル採用される必要があります。
結構、時間もかかりますし、同業がたくさんいると採用されにくいのも事実で、書道はハードルが高いものでした。

で、今回は、そのサークル内で「1日公開講座」という企画がありまして
これも、サークルが申請して、審査に通った団体が行えるものです(少し区から補助が出ますので書類とかもあります)。
その代り、サークル員以外でも参加できますよというOpenなものにしなければなりません。

さて、今回は、通常とは違って、る楊淮表記(ようわいひょうき)の臨書「書」の一文字を行いました。
書体としては、隷書、その中でも、篆書に近い隷書として古隷と呼ばれるものです。
私は初心者は、楷書ではなく、篆書や古隷をやるといいのにと思っているくらい、とても素朴で書きやすい文字です(でも、奥が相当深いのでハマります!)。

みなさん臨書は初めてだったみたいで、
生徒同士の作例を使って共有しました。
生徒は最初、単なる写し書きみたいな印象があったようですが、
話が進むにつれて
「そんなところまで見ているのですか?」
と少し習字と書道の違いの入り口を見て、驚いた様子でした。

最後は、生徒同士の作品を並べて、批評会で終了です!

こちらは月に1回 第2火曜日 18:30~行っています。
参加されたい方は、千代田区はもちろん、他の区でも構いませんので、お問い合わせください。
(根津・上野教室よりは、優しいレベルでやっております。)
ちゃんと黒板に解説など書いているところが、ちゃんと講師っぽいでしょ!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA