twitter、facebook、Gppgle+1 ボタン設置 一括登録のHTML記述

最近のサイトには、SNSのボタンが付いていますが、
私の公式サイトにもつけています。

今回は、書道とだいぶ話が違いますが、私も備忘記録としても使えるように
ここに記述しておきます。

基本的なHTMLの知識がないと意味不明かもしれませんが
わかる人にはそのまま貼ればいいので便利だと思います。

サイトURLの指定はしてないので、貼ればリンクはそのサイトのページが対象となります。

■ツイッター、facebook、Gppgle+1 一括登録の方法(テーブル格納+センタリング版)

*****facebook用 TOPの<body>のすぐ後に配置**********
ページにJavaScript SDKを含めます(理想的には、<body>のすぐ後に配置します)。

<!– FBのタグ <body>のすぐ後–>
<div id=”fb-root”></div>
<script>(function(d, s, id) {
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];
if (d.getElementById(id)) return;
js = d.createElement(s); js.id = id;
js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1″;
fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
}(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));</script>
<!– FBのタグ ここまで–>

***以下を設置したい場所に設置**************

<table border=”0″>
<tbody>
<tr>
<th><!– このタグを +1 ボタンを表示する場所に挿入してください –>
<g:plusone size=”medium”></g:plusone>

<!– この render 呼び出しを適切な位置に挿入してください –>
<script type=”text/javascript”>
window.___gcfg = {lang: ‘ja’};

(function() {
var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true;
po.src = ‘https://apis.google.com/js/plusone.js’;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s);
})();
</script>
</th>
<th>   <div data-send=”true” data-layout=”button_count” data-width=”185″ data-show-faces=”true”></div></th>
<th>  <a href=”https://twitter.com/share” data-via=”syodo” data-lang=”ja” data-hashtags=”udoyoshi”>ツイート</a>
<script>!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//platform.twitter.com/widgets.js”;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”twitter-wjs”);</script></th>
</tr>
</tbody>
</table>

以下は各SNS単体のものです。
■ツイッター

<a href=”https://twitter.com/share” data-via=”syodo” data-lang=”ja” data-hashtags=”udoyoshi”>ツイート</a>
<script>!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=”//platform.twitter.com/widgets.js”;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,”script”,”twitter-wjs”);</script>

■facebook
ページにJavaScript SDKを含めます(理想的には、<body>のすぐ後に配置します)。
<!– FBのタグ <body>のすぐ後–>
<div id=”fb-root”></div>
<script>(function(d, s, id) {
var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];
if (d.getElementById(id)) return;
js = d.createElement(s); js.id = id;
js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1″;
fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
}(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));</script>
<!– FBのタグ ここまで–>

プラグインを表示したい場所にプラグインのコードを配置します。
<div data-send=”true” data-layout=”button_count” data-width=”185″ data-show-faces=”true”></div>

■Google+
※ +1ボタンはすべて一括で書いてOK。分ける必要なし。
<!– このタグを +1 ボタンを表示する場所に挿入してください –>
<g:plusone size=”medium”></g:plusone>

<!– この render 呼び出しを適切な位置に挿入してください –>
<script type=”text/javascript”>
window.___gcfg = {lang: ‘ja’};

(function() {
var po = document.createElement(‘script’); po.type = ‘text/javascript’; po.async = true;
po.src = ‘https://apis.google.com/js/plusone.js’;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s);
})();
</script>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA