日本詩文書作家協会展に行ってきた

R0015174

日本詩文書作家協会展(銀座 東京セントラル美術館)に行ってきました。

毎日系の方の紹介で見学でーす。

毎日系の詩文書(漢字仮名交じり文)と言われる書道界で言う「読める書」のジャンルです。

1933年(昭和8年)に雑誌『書之研究』に「新調和体」論を金子鴎亭  氏が発表、
近代詩を書にする近代詩文書運動が始まりました。

新しいジャンルなのですが、もう80年ほどたっているんですねー。

毎日書道界で始まったので、毎日系の方が中心です。
(読売には、村上三島氏の起こした調和体部門があります)

この中で、「日中文化人の書」というコーナーがありまして
そこで、とって面白い作品があったのでTOPに拡大をピックアップしました。
(この展覧会の画像は下のスライドで見てね!)

私のファン(笑)の方は「うどよし好きそう!」ってなると思いますが
独特の楷書ですよね。

とっても面白いです!

Sibunnsho

ギャラリーでは芸能人の方の書も入っていますので、
開設が面倒なので、ご自身でご判断くださいませ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA