【証拠アリ】学校で「筆順テスト」したらダメだぞ!02

続きになります(01)。

では、現在の担当“文化庁国語課”も認める「正しい筆順はない」という証拠は載せておきましょう。

「筆順指導の手びき」の「本書のねらい」です。

筆順指導の手びき 本署のねらい

要約すると、

「書家の間でも筆順は複数あるけど、学校では統一して教える方が効率がいいからそうします。

でも、これ以外が間違いとか否定とかしないからね。」

と言うことです。

特に重要なのが

「ここに取りあげなかった筆順についても、これを誤りとするものでもなく、また否定しようとするものでもない。」

この一文なわけです。

そりゃそうです、不正解としたら、それ以外の書き方をしていた人が猛反発してくるでしょ!

(作成は、一部の書家だけで決めたためだろうか、誰が参加したか不明。)

同時に私は、教育政策図書館で明治以降の教科書もコピーしてきました。

やはり明治期の教科書と筆順が違うようです。

その辺は次で。

03へ続く

関連「文化庁国語課が拡散希望★「正しい筆順」のウソ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA