「日本遊印アート協会展」に行ってきた

日本遊印アート協会展 2013年

日本遊印アート協会展(4/2(火)~4/6(土) 上野 東京都美術館)に行ってきました。

遊印というのは書でもあるのですが、ここでの遊印は消しゴムハンコのことを指すようです。

会場ではワークショップもやっていて、子供から老人まで好きなインクを付けて遊印体験をしていました。

作品には絵手紙のようなものは当然あるのですが、

壁紙を使った掛け軸や屏風など数百点が展示されていて、

大きいものは美術館の天井(7mほど?)まである作品も多数出ていました。

(ハンコ自体は30センチ程度、それを使った作品が出ている)

ゴムハンコの世界も、書道同様に作品が巨大化しているんですね。

 

 

※撮影禁止ですが許可をいただいて撮影させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA