質問「同じ筆で臨書しないと意味なくない?」 俺「昔は巨人だったから。」

blog20130507_04

サイトを見ていたら書道関連で、こんな質問を発見しました。

blog20130507_01

(質問)

顔真卿の字と使っていた筆の関係

顔真卿に限りませんが、その人が使っていた筆がどのようなものかわからないままに臨書をすることにも意味があるのでしょうか。

他の方の回答を見たい人はココから見てください。

回答者①

blog20130507_02

回答者②(一部)

blog20130507_03

書道的にすごく丁寧に回答されてますね。勉強になります!

私は、和様に比べて唐様の漢字の書は大体「文字がでかい!」と言う点が疑問でした。

(半紙に4文字なら、現実的に手紙が書けないでしょ?)

今回の質問でも、筆の毛の種類や筆法には触れられているものの、

最も大事な筆の大きさについて触れていません。

質問者は「同じ筆じゃないと意味なくない?」と言っているのですから

毛の質や筆法の前に、同じサイズの筆が大前提と思うのです。

ということは、筆のサイズは大きいままでいいってことなんでしょうか?

さて、話は冒頭のアニメ画像についてようやく触れます。

これは、「進撃の巨人」という今季一番の話題作です(いや、今年一番かもしれない)。

人間が人間そっくりの巨人(一部違うが(笑))に襲われる(食べられる)世界の話です。

コレを見てて、あれ?昔、巨人だったんじゃないの?それなら納得だ。

昔は、書は実用の情報技術でした。

当時から現在の唐様の書のサイズで情報技術として使用されていたとしたら

”昔の支那人が巨人だった”と言う仮説を立てるしかありません。

「まさかな巨人なんていないだろ(笑)・・・」とネットを調べると、

なんとビックリ、世界では巨人の骨が発掘されていたのです!

 

blog20130507_06blog20130507_05

もし、この巨人の骨の生き物が大きな人間であったら大きな文字になったはずです。

現在の日本の唐様の書が和様に比べて大きいのは、

昔の支那人が巨人で、サイズに比例して普段使いの書も文字が大きかったということでツジツマが合います!

まさか、現在の唐様の書が大きいことが、この巨人説の文化的裏付けなるとは思いがけない発見でした!

 

 

なーんてねー♪

今回はネタ会でした(笑)

ちゃんと答えると、昔から実用の書の筆のサイズはちゃんと小筆ですよ(笑)

実用性の小筆(和様)→ペン

芸術性の大筆(唐様)→書道 になっただけの話でーす♪

小筆で書いた書を、大筆で臨書することは不思議な事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA