芸大にない書道が国内芸術最高峰「日展」を支えている実態!

「書は芸術」という言葉は、あの“比田井天来”の言葉です。

書家の多くの方が取材などで「書は芸術だ!」と言う方が多いです。

しかし、多くの芸大に書道科とか書道専攻が少ないことは、意外と知られていません。

芸大の最高峰の東京芸大にも、邦楽(尺八とか)はありますが、書道はありません。

さて、日本の芸術の最高峰といえば、日展とされています。

芸術といえば、油絵、彫刻などを思い浮かべ、真っ先に”書道”は浮かばないと思います。

しかし、数字上だけで見ると、実態は全く違うものです。

(参照サイト http://www.nitten.or.jp/exhibition/shokan.html

第44回日展 (平成24年度) 入選点数および審査所感

出品数 出品比率 入選数 入選比率 入選率
日本画 564 4% 209 9% 37%
洋画 2158 15% 635 26% 29%
彫刻 175 1% 119 5% 68%
工芸美術 850 6% 486 20% 57%
10385 73% 974 40% 9%
合計 14132 2423

日展 書道 出品数割合

出品数全体の73%が書です。

日展の収支予算書によると

収入233百万円 内 出品料140百万円

手品料が収入の60%を占めます。

つまり、出品料73%の書道は、

日展の収入の31%を占めるという計算です。

(日展の出品料は10000円)

つまり、日展は書道が支えているのです。

(ちなみに、入場収益は70百万円≒書の出品料)

しかし、入選率を見ると、書道やっている人って

バカみたいだなーと思う実態も浮かんできます。

全体の収入の31%も貢献しているのに、入賞者は全体の40%!

しかも、入選率はたったの9%!超狭き門ですね。

彫刻やら工芸芸術は2人に1人は入選していることを考えると、あまりにも不憫です。(あくまで数字上)

未だ敵国扱いで、常任理事国でもない日本が、国連の10%負担(米国についで二番目)している実態のような不憫さ!

大人の事情はいろいろあると”想像”しますけども、日展の下部組織である読売展の出品数が

10年で25%減少した現状を見ると(参照)官展の日展も影響が出ているのではないかと想像しちゃいます。

こちらの記事も参考下さい。

 

関連ブログ記事
朝日が「日展」の例の噂を突然暴露の巻!
大手新聞書道会は、いつ頃できた?
書道界の“お礼制度”の話

芸大にない書道が国内芸術最高峰「日展」を支えている実態! への2件のコメント

  1. ピンバック : 第2回 新日展「応募展数は微減」→書500点 5% 600万円ダウン | 和様 書家/書道家 うどよし Japanese calligrapher Udoyoshi

  2. ピンバック : 「日本の美術館は書道のため」は過言ではない証拠 | 和様 書家/書道家 うどよし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL

CAPTCHA