東日本大震災『がんばろう日本。』


logo_06

2011年3月11日に東日本で発生した東日本大震災。

都内にいた私は、急に目の前がフラフラし、一瞬「立ちくらみ?」と思いましたが、

阪神・淡路大震災の経験から、すぐに大きな地震と気付きました。

2010年4月に教室を開講して1年目の終わりでした。

入ってくる情報の惨劇度合いが凄まじく、色々な公的、民間行事が自粛ムードとなる中で

「これは、阪神・淡路の規模なんてものじゃない。日本全体で被災地をサポートしないと!」という思いが強くなっていきました。

私は、Webサイトやインターネット配信で「日本語の読める書を書きましょう!」と提案し続けていました。

「こういう時こそ、私の和様の”読める書”がメッセージを出さないでどうする。」

素の感情で震災5日後、3月16日、3枚の『がんばろう日本。』を揮毫し、内の1枚をWebサイトにアップしました。

当時は、サイトアクセスが30-50UU/日(純粋なサイト訪問者数)の業界でも全く無名のサイトでした。

ところが、『がんばろう日本。』はSNS経由で、瞬く間に世間に拡大し色々な場面で使っていただけました。

(問い合わせ数は、300団体を超え、個人で対応できる限界ギリギリでした。)

数年たった今でも、使っていただける団体、企業様があることは、『がんばろう日本。』は恵まれていると思います。

そして、『がんばろう日本。』は、SNSが存在したおかげで、メディアや商品のタイアップなしで

世間に認知された、おそらく初めての書作品です。

同時に、続け字、崩し字を使わない”漢字ひらがな交じり”の書法、書論が世間に認められた事例にもなりました。

江戸時代に衰退した和様にとって『がんばろう日本。』は、まさしく現代和様の始まりを告げる書作品となりました。

 

『がんばろう日本。』震災支援ロゴ
work004 work009
刺繍ワッペン
玉屋デザイン(仙台市)
缶バッチ他
NPO法人クープ(静岡県伊藤市)
work008 work014
タクシーステッカー
社団法人 北海道ハイヤー協会(北海道)
イエメン大使館 お礼状

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 後援名義は最初から準備をしないと詰む 美術展やイベントのポスターの下部に「○○後援」という記載…
  2. 初めての「うどよし特集」 和様の書展を公募展にしてから、広報活動はちゃんとしてきたので、定期的に取…
  3. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…
  4. 書だ!石川九楊展 石川九楊氏の書展が2017年7月30日まで上野精養軒で行われています。 石…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る