TOKYOMX サンデーCROSS「うどよし特集」


初めての「うどよし特集」

和様の書展を公募展にしてから、広報活動はちゃんとしてきたので、定期的に取材をいただけるようになったと思います。
メディア露出は「和様の書展」に繋がるものなら、頑張って対応しようと思っています(つまり、今まで通りやります)。
メディアに出ると「こういう書道作品を自分で書くこと、教えてもらうことを諦めていた」と言う人からもご連絡をいただけます。

ネットとマスメディアの客層の違い

マスメディアは名前の通り、不特定多数の大衆(マス)に大量の情報を伝達できます。
一方、ネットは、興味のない世界、関連の薄い世界の話は知ることができません。
和様の場合、マスメディア露出は「”こういうこと”をやりたいと思っていたけど諦めていた/単語がわからなかった」という方の一部に偶然、届く可能性があります。
ネットではほとんどこのようなことはありません。
多様化するメディアの中で、総務省から公共の電波を使うことが許されたテレビ会社ができる大きな仕事だと思います。
(なので、どのチャンネルでも、似たような番組をやらない方がいいなと思っています)

予定より2週間ずれて放送

テレビ取材ではよくあることですが、放送が当初の予定11/5→12→26と2度のリスケがありました。
私も何度か出演や協力してみてわかったのは、テレビ取材では放送日変更は想定しておかないといけません。
取材の様子はこちら

動画の引用解説

イスラエル人の体験 撮影依頼の直後にあったので、取材する側も、急きょの撮影でした。最終的にこの7分のために4日、密着取材しています。
和様と唐様の解説 現在の書道業界では、和様は仮名以外は認めない風潮です。そのため、書展には江戸時代の和様や江戸文字は範囲外。
教室の撮影 2時間ほど撮影しました。みなさん、インタビューへの返答がうまいです…。
がんばろう日本 自分でみても懐かしい感じがします。北海道のタクシーでは今も貼られているのでしょうか…
和様の書展 2017年10月 東京芸術劇場での様子です。作品の撮影は私が適当にスマホで撮ったものなんですが(笑)
寿々喜園 生徒がピックアップされたことは大変うれしいです。生徒のインタビューの隣で私がジェラートをたべていますが、物撮り用に使った2個目なので、結構お腹いっぱいになりながら食べました(贅沢)。撮影社長さんも出演を快諾してもらえ、しかも、たくさん喋ってくれました。
スタジオ 本当はもっと時間をとる予定だったらしいですけども、前の保育園無償化の話が伸びたため已む無し!

サンデーCROSSはネットとの親和性が高い?

この数値は、私のサイトの中の1つ(私は書道で3つある)の放送中のアナリティクスのリアルタイムのアクティブユーザー数です。
もし、みなさんも番組協力した場合、この数値を把握していたら、ざっくりとメディアの影響力が定量的にわかります。
サンデーCROSSは、どうかというと、失礼ながらTOKYO MXなので関東エリアだけで、かつ、視聴率は他のキー局の同時間帯より落ちると思うのです。
でも、このアクセス数は、過去から考えてもかなり高い数値です。
当然、番組の内容に大きく影響はしますが、視聴率の割に過去に出演協力した他の番組よりもアクセス数が高いと思います。
スポンサーからしたら、行動を起こす番組の方が、広告効果が高いはずなので、この番組の視聴者が番組を見てアクションを起こす確率が非常に高い方がみているということだと思います。
今後も、和様を多くの人に知ってもらうために、可能な状況であれば、メディア協力は行っていきたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ほとんど研究されてない近代書道史の実態 「うどよし」のサイトは、久しぶりの更新です。 日々の業務…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 西原 理恵子「できるかなロワイヤル」 西原さん著作の和様Tシャツ うどよし
    西原 理恵子さん「できるかなロワイヤル」発売 和様体験の話も収録 2年前に西原さんが和様にチャ…
  2. 誰もが読める書が読めない事案
    「”誰もが”読める」と踏み込んだ表現をしてるけど… 第35回 読売書法展のサイトを見ていて新聞…
  3. 古い「プロレス」化した日本の「芸術」 最近、プロレスが人気というのを知っている方も多いと思いま…
  4. 書道の謝礼金に関するアンケート
    全日本剣道連盟「居合道」含む「道」錬金術は限界 私は、以前からこのサイトで審査に関する金銭問題には…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る