国際会議で交流を生んだ和様のリクエスト書道


061

外国人含む研究者にリクエスト書道!

京都 浄土宗総本山の寺院 知恩院にて国際会議CABS(2014/8/20-22)が行われ

京都がんこ二条苑で行われた懇親会のイベントに呼ばれました。

ACMが主催する5回目の会議だそうで、

Collaboration Across Boundaries: Culture, Distance & Technology

「国境を超えたコラボレーション:文化、距離と技術」という会議だそうで

タイトルだけでは想像できない(英語力ないから・・・)高いレベルの国際会議です。

表彰者にも「優」「良」を揮毫

046

到着すると、まずは、成績優秀者の賞状に「優」「良」の揮毫です。

紙が和紙ではないので、乾くのに少し時間が必要ですが、乾いたら素敵な賞状になりました。

「どうする?」で始まるコミュニケーション

国際会議なので世界からいろいろな人が集まっています。

でも、会議だけでは中々、交流が生まれないので、懇親会を企画されたそうです。

その際に、書をリクエストをする企画なら、参加者同士が自然に

『何にする?』『どんなの書いてもらったの?』『なんて意味なの?』と話し始めて

コミュニケーションが活発になるんじゃないか?ということで書道を選んでいただいたようです。

しかも、私の和様を選んでもらえるなんて光栄ですね!

リクエスト書道「整理係」のセンスが大事

流れは以下の様な感じです。

整理係:リクエストを聞いて、整理、日本語化しメモを作成。

うどよし:笑顔で「Hi!」と言って揮毫。

写真係:作品を持った写真を撮影。

この場合、先発隊の整理整頓能力が最も大変です。

語彙力はもちろん、外国人は自由なんで適度な機転も効かせられるユーモアと適当さも必要です。

全員のリクエストをご覧ください

image9

意外に「ひらがな」のリクエストは多かった気がします

今回は寸松庵色紙(約13㎝のほぼ正方形)を使ったので文字数が苦しいリクエストもありましたが

なんとかやりきりました!

参加者はとっても楽しんでもらえたみたいで、

私は2-3分に1枚くらい書いていたので周りを確認する余裕がなかったですが

徐々にワイワイガヤガヤとなり、主催者様の思惑通り、とっても良い懇親会になったそうです。

書は情報技術なので、「読める書」の和様でコミュニケーションが活発化するのは

とっても仕事冥利につきますね!

最後に、酔っ払って撮影した夜の知恩院の写真で締めますね。

(本堂?は修理中ですので、これで代替)

103

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 「読める書」が読めないのは「勉強不足」 最近、「読める書」というキーワードが書道業界内で増えた…
  2. 書だ!石川九楊展 石川九楊氏の書展が2017年7月30日まで上野精養軒で行われています。 石…
  3. 第7回 和様の書展の作品と審査員を募集 ■作品募集 応募基準、応募要項はこちら http…
  4. 先生「我流になる」と和様を諦めた人は多い 最近、参加された生徒さんから 「20年ほど、和…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る