創業1900年 鎌倉ハム富岡商会の120周年ラベル品が流通中


売れてます!

鎌倉ハム富岡商会さんは、創業1900年(明治33年)です。
2020年は120周年になります。
つまり、現在のひらがな(50音図)と同じ歴史を持つ、老舗の会社です。
(私達が江戸時代のひらがなを読めないように、私達が使っている「ひらがな」は江戸時代の人には読めない。)
その120周年記念ラベルのデザインを提供させていただきました。
すごく売れているのですが、緊急事態宣言の影響が大きいため、新ラベルの効果がどのくらいなのか不明です(笑)

挿絵のハムの描き方

 

これは何だと思いますか?
実は、ラベルのピンク色のハムの挿絵の原型です。
お肉の部分と脂身を分けて描いて、画像ソフト上で処理をして色を変えてハムに成形しました。
真ん中のグレーの○の左に薄い部分が、そのまま残っているのがわかると思います。
今回、担当の方が教室に来ていただき、本社とやり取りしながらすすめる中で、こちらがテスト的に作成した挿絵が採用されました。

ラベルができるまでの流れ

いったいどのくらい試作をしたかというと、こんな感じです。
【流れ】
①企業の担当の方が来室。
②ラベル作成し画像作成し本社送信。
③本社の意向確認。
④ラベルに反映。
⑤②-③の繰り返し。
実際に商品に載せたものを本社に双方向で確認でき、従来のラベル決定よりスムーズだったと聞いております。
私単独では「イラストを入れる」という、発注にない要望を提案できなかったと思います。
この方法が、起業にとっても良かったので、テレワークや双方向通信が一般化した今後は、この方法でやっていこうと思います。
(ニコ生経験者からしたら、企業も双方向通信に抵抗がなくなったって感じです)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 売れてます! 鎌倉ハム富岡商会さんは、創業1900年(明治33年)です。 2020年は120…

ブログをメールで購読

メールアドレス記入して「購読」で、更新通知がメールで届く!(運営側には非公開です)。

最新記事

  1. 新しい省庁ができると初代大臣、長官が題字を書く風習 [caption id="attachment…
  2. 過去最大&最強「500億円」の支援申請が伸び悩む 皆さん書いていますか?書…
  3. 11年前は名刺交換をしてもらえなかった みなさん、書いてますか? どうもWayoh callig…
  4. ハンガー・ディスプレイ
    上野マルイ35周年企画は懸垂幕だけじゃない 現在「上野マルイ35周年」懸垂幕がビルにかかっています…

PR

カテゴリー

PR

ページ上部へ戻る